笑っている女性

手提げ袋を作る

電話で対応する

デパートやお店などの、少し大きめの手提げ袋は、もちろん商品を入れて運ぶために提供されるものですが、大きさや、平らな面の広さなどから、周囲の人の視界に入る可能性の高いものです。このことにより、広告媒体としての効果が期待できるのです。手提げ袋を広告媒体として活用するためには、店のロゴなどを印刷する必要がありますが、そのためには、業者に印刷を依頼することが必要です。このような業者では、手提げ袋本体の調達から印刷までを、トータルで引き受けてくれます。一方で、中小の印刷業者では、手提げ袋本体の調達がこんななこともあります。このような場合には、自前で本体を調達して、それを業者に引き渡しておくことが必要になります。

特に最近では、中小のプリント業者などが、様々なサービス開拓の一般として、広告媒体へのプリントを行っています。このような業者を利用する際には、紙袋本体については、自前で調達することになります。事業で使用するものなら、まとめ買いをすることで大量かつ安価に紙袋本体を仕入れることができますし、最近では、100円ショップなどで取り扱われる紙袋本体でも品質が向上しているので、採用するに耐えるものもあります。基本的には、依頼する側で、紙袋本体を業者に持ち込むことになりますが、紙袋本体の取り扱い業者から、プリント業者に直接本体が流れるシステムを構築することで、効率的に広告としての紙袋を製作することができるのです。